Since 12/1/2007
Home > Linux > CentOS5 > Webサーバーの構築[Apache] > 複数FQDNでの運用[バーチャルホスト]

CentOS5 Webサーバーの構築[Apache] 複数FQDNでの運用[バーチャルホスト] - itochif.com

Apacheには、複数のFQDNで複数のWebサイトの運用を行うバーチャルホストと呼ばれる機能があります。例えば、内容の異なるhttp://www.itochif.com/とhttp://www2.itochif.com/を1台のコンピュータで行う事が可能です。
今回はコンピュータにIPアドレスを1つ割り当てている状態でバーチャルホストの機能が扱える、ネームベースのバーチャルホスト機能を使用して複数サイトの運用を行います。

Apacheのインストールと設定が完了している前提で書きます。

富士通

構築の例

今回は以下のような条件で複数サイトの運用を行います。

  • 以下の2サイトを運用する
  • www.itochif.comの基本設定を以下のようにする(Apacheのインストールと設定と同じ)
    • 公開ディレクトリは/var/www/html
  • www2.itochif.comの基本設定を以下のようにする
    • ローカルユーザーwww2の権限でスクリプト等を動作させる
    • 公開ディレクトリは/var/www/www2.itochif.com/public_html
    • エラーログはlogs/www2.itochif.com-error_log
    • アクセスログはlogs/www2.itochif.com-access_log
  • www.itochif.com、www2.itochif.comのDNS正引きで同じIPアドレスが返ってくるようにDNSレコードを設定しておく

www.itochif.com(メインホスト)の設定

Apacheのインストールと設定で設定したwww.itochif.comの設定を行います。www.itochif.com(バーチャルホスト機能を使用する前から使用しているメインのサイト)の設定は、複数のバーチャルホスト設定の中でも、一番最初に記述する必要があります。

# mkdir /etc/httpd/conf.d/vhosts #バーチャルホストの設定ファイルを置くディレクトリの作成
# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
------------------------------ 次の行からhttpd.confの中身(の一部)
#元のファイルの各行のコメントをはずします。※元ファイルでの行数は右のコメント部分
NameVirtualHost *:80				#972
<VirtualHost *:80>				#985
    DocumentRoot /var/www/html			#987
    ServerName www.itochif.com			#988
</VirtualHost>					#991

Include conf.d/vhosts/*.conf			#最終行に追記
------------------------------ httpd.conf終了
図1.メインホスト(www.itochif.com)の設定

富士通

www2.itochif.com(バーチャルホスト)の設定

バーチャルホストの設定を行います。管理を楽にするために、上記で作成したディレクトリ(/etc/httpd/conf.d/vhosts)に固有の設定ファイルを作成します。

# /usr/sbin/useradd -d /var/www/www2.itochif.com/ -s /sbin/nologin www2
# /usr/bin/passwd www2 # ユーザーwww2のパスワード設定
Changing password for user www2.
New UNIX password: # パスワードを入力してEnterキーを押下します
Retype new UNIX password: # 上と同じパスワードを入力してEnterキーを押下します
passwd: all authentication tokens updated successfully.
# mkdir /var/www/www2.itochif.com/public_html #公開ディレクトリの作成
# chown www2.www2 /var/www/www2.itochif.com/public_html/ #公開ディレクトリのオーナーをwww2に変更
# chmod 0705 -R /var/www/www2.itochif.com #/var/www/www2.itochif.com以下のファイルのパーミッションを変更
# vi /etc/httpd/conf.d/vhosts/100_www2.itochif.com.conf #www2.itochif.com用の設定ファイル
------------------------------ 次の行から100_www2.itochif.com.confの中身
<VirtualHost *:80>
	#サーバ名
	ServerName www2.itochif.com
	#公開ディレクトリ
	DocumentRoot /var/www/www2.itochif.com/public_html
	#エラーログ
	ErrorLog logs/www2.itochif.com-error_log
	#アクセスログ
	CustomLog logs/www2.itochif.com-access_log combined
	#suexecのユーザーをwww2、グループをwww2に設定
	SuexecUserGroup www2 www2
</VirtualHost>
------------------------------ 100_www2.itochif.com.conf終了
# /sbin/service httpd restart #設定を反映させるため、apacheを再起動する
httpd を停止中:                                            [  OK  ]
httpd を起動中:                                            [  OK  ]
図2.バーチャルホスト(www2.itochif.com)の設定

インテルCentrino Duo搭載ThinkPad T60 [468x60]

アクセスできるかどうかを確認する

設定した二つのホストに接続できるかどうかを確認します。

# echo www.index > /var/www/html/index.html
# echo www2.index > /var/www/www2.itochif.com/public_html/index.html
# telnet localhost 80 # www.itochif.comに接続確認(黄色の文字を入力する)
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.localdomain (127.0.0.1).
Escape character is '^]'.
GET / HTTP/1.1
HOST: www.itochif.com

HTTP/1.1 200 OK
Date: Sat, 03 May 2008 07:00:00 GMT
Server: Apache
Last-Modified: Sat, 03 May 2008 07:00:00 GMT
ETag: "a0394-10-c4cffb40"
Accept-Ranges: bytes
Content-Length: 10
Connection: close
Content-Type: text/html; charset=UTF-8

www.index #www.itochif.comの公開ディレクトリに作成したindex.htmlの中身が表示されている
Connection closed by foreign host.
# telnet localhost 80 # www2.itochif.comに接続確認(黄色の文字を入力する)
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.localdomain (127.0.0.1).
Escape character is '^]'.
GET / HTTP/1.1
HOST: www2.itochif.com

HTTP/1.1 200 OK
Date: Sat, 03 May 2008 07:00:00 GMT
Server: Apache
Last-Modified: Sat, 03 May 2008 07:00:00 GMT
ETag: "b0009-11-c66bf800"
Accept-Ranges: bytes
Content-Length: 11
Connection: close
Content-Type: text/html; charset=UTF-8

www2.index #www2.itochif.comの公開ディレクトリに作成したindex.htmlの中身が表示されている
Connection closed by foreign host.
図3.設定したホストへの接続確認

マウスコンピューター/G-Tune

掲載日 5/03/2008